間に合わず…

ブログの内容が一ヶ月遅れたまま涙の帰国日が近づいてきました…
帰国したら並行して続きを書いていきたいと思います。

とりあえずおおまかなできごとを書きます。

1月に旦那のイタリア人の友人の誘いでイタリア・ミラノに行きました。
ミラノのドゥオーモを見たり、オペラ鑑賞したり、
あとスイス国境に近いコモや空港近くのベルガモという街を観光しました。
ピザがおいしかった~!
あとエスプレッソとホットチョコレートの味が忘れられません。


2月はスコットランドに行きました。
アイラ島でウィスキーの蒸留所を見学したり、
スターリング城やエディンバラ城を見に行きました。
城めぐりだなんて日本でやってることと同じだなぁ…
山のある景色がとてもよかった!
スコットランドがすっかり気に入ってバグパイプやキルトを買ってしまいました。
あとショートブレッドはスコットランドの方がさくっふわっとろっでおいしい!

その後は帰国に向けての準備。
ダンボール1箱宅急便で送ったり、お別れ会をひらいてもらったり、
あっという間に日々は過ぎていきました。
4ヶ月いろいろあったな…

今は2人とも「イギリスにもっといたい病」にかかってます…
でも帰国したらラーメンやそばなどを喜んで食べてるに違いありません。

とりあえずこれからの予定は、
ロンドンで前泊してヒースローからスイスのチューリッヒ経由で成田へ。
そして神奈川での用事があるので一泊してから28日の夜に宮城の妹夫婦宅に戻ります。
また長旅です…
できればお酒のんでぐっすり寝ている間に日本に着きたい。
間に合ったら「龍馬伝」をリアルタイムで観たいです。
でも万が一の場合にそなえて妹に録画を頼んであります。
時差ボケの心配もあるのに神奈川に寄って大丈夫なんだろうか?

神奈川には新居探しの為に行くんだけどまともな判断ができるか不安です。
良い部屋が見つかるといいなぁ~

あ、その前に無事に帰国できるといいなぁ。
スポンサーサイト

2ヶ月

母からクロコ画像が届いた!
生まれてからちょうど2ヶ月になりました。

P252i0025756052.jpg
かわいい…

P252i0026083737.jpg
ぬいぐるみじゃないのかな…

もう体重が2倍くらい増えてるらしい。
早く帰って会いに行かないとどんどん成長してしまうなぁ。


ロンドン日系病院

ロンドンに通うはめになった理由。

~その2~

大晦日の日にのどの調子が悪くなりました。
最初は違和感だけだったけどだんだんひどくなって、
年明けには一旦出ると止まらなくて苦しいくらいになりました。

前に書いたけどイギリスの病院ではただの風邪扱いで、
薬も出してもらえませんでした。

市販の薬は奇抜な色をしている上に、
飲んでも一向に良くなりません。

そして日本から薬を速達便で送ってもらったら、
なぜかフランスに行っちゃって全然届かない。

1月15日、
パスポートを日本大使館に取りに行く用事があったので、
ついでに日系の病院に行きました。

その病院は保険屋さんから教えてもらったところで、
保険が利くので診察代や薬代は払わなくても大丈夫です。
今回保険屋さんにはかなり助けられました。

日系の病院ではマスク着用、アルコール消毒液も完備。
テレビで流されてるのは日本の番組で、
外はイギリスなのに中はすっかり日本でした。
旦那は「オアシスだぁ」と言ってた。

診察の結果、無事薬を処方してもらえました。
症状が出てから2週間経ったので、
これで快方に向かえると思うと嬉しかったです。

先生がブリストルから来たというのを知って驚いてた。
…そうだよね、バスで2時間半~3時間位かかるんだもの。

1月23日、
次の週に旅行が控えてたので念のためもう一度病院に行きました。
症状は薬のおかげかだいぶ良くなっていました。

日系の病院は居心地良くて癒されます…

今回は帰国まで間に合うくらいの薬を出してもらえました。

CIMG8313.jpg
こんなにいっぱい…

CIMG8319.jpg
やっぱりカラフル

ロンドンにはもう帰国の日まで行くことはない…と思う。

ロンドンは怖い

観光編(?)が終わったので、
次はロンドンでの事件を書きます。
なぜ5回もロンドンに行く羽目になったのか…

~その1~

(12月28日)

初めてのロンドンで建物の大きさと立派さに感動しました!
そしてヴァッキンガム宮殿前の衛兵交換式を見に行きました。
前にも書いたけどものすごい人ごみで、
日本人の観光客も多いらしく時々日本語も聞こえてきます。
私は前を歩いている旦那とはぐれないよう、
追いかけるのに必死でした。

そしてお昼、
レストランに入って斜めがけショルダーをイスに置いたところ、

なぜかファスナー全開…

そして中に入れてたポーチが無くなってました。
うわーん、スられた~っ

たぶん宮殿前の人ごみのさなかに盗られてしまったんだろうな。
IMG_1364.jpg
↑現場と思われる付近

背中側にカバンがまわってたのかも…
全然気づかなかったよ。

中に入ってたのはクレジットカード1枚とパスポート。

旦那がすぐに保険屋さんに電話してくれて、
対処の仕方を教えてもらいました。
カードはすぐ止めてもらったし、
もう1枚別のカード持ってたから特に支障はなかった。
けどパスポートが無いと私の身分を証明するものが無いし、
海外旅行もできない!
実は1週間後の1月5日からパリ旅行に行く予定してたので、
それがダメになるだろうと思うと悲しかったです。

海外は慣れたころが危ないというけどまさにその通りになりました。
南フランスに行ったときはポーチをちゃんと首に下げてました。
でも住んでるところの治安が良かったので、
すっかり忘れてこの日はカバンに入れっぱなしにしてました…

とりあえず近くの警察署に被害届を出す目的で行きました。
保険屋さんに提出するポリスレポートが欲しかったので。

IMG_1680.jpg
警察署はセビルローという「背広」の語源になった場所。

あとは日本大使館に行ってすぐ手続きを…
ちょうど大使館の近くにいたのでラッキーだと思ったら、
12月28日~1月4日まで休み!
今日から休みだなんてアンラッキーだわ…

パリは絶望的でした…
しかもパスポートについてるビザも当たり前だけど無いし!

その日は悲しみに打ちひしがれながら帰りました…

(12月31日)

この日はもともとロンドン観光の予定でした。
でも再びセビルローの警察署へ。
先日はパスポート番号が分からず結局届出が出せなかったので、
警察官のサイン入りの届出用紙をもらってきただけでした。

でも行ってみると届出にはその用紙に日本大使館のスタンプも必要といわれた。
…って、大使館休みじゃないか!

被害届が出せない状態ってちょっと心配。。

ヴァッキンガム宮殿前また通ってきた。
でも私のポーチは落ちてなかった。



その後ネットでも警察に被害届が出せるようなので、
旦那が一応書いて送信してくれた。

日本の家族にもパスポートが盗まれたことを話しました。
旦那の家族は「ええ~っ」とすごく驚いてた。
でもうちの家族は「盗られそうな顔(性格)してるからなぁ」
となぜか納得してた…

そうか…じゃあ仕方ないねぇ。


(1月4日)

やっと日本大使館に行ける~♪
まさか警察や大使館のお世話になるとはね…

IMG_2128.jpg
日本大使館。
入り口では荷物検査がありました。

パスポートの発行には戸籍謄本の原本が必要ですが、
ちょうど日本から持ってきてたので助かりました。
あと警察に出す書類にはスタンプは大使館では押さないとのこと。
ネットで被害届を出しておけば大丈夫だといわれた。
うーん、イギリスの届出のシステムよくわからない…

パスポートは朝早いうちに行けば当日発行もできたそうです。
でも時間を過ぎての申請になってしまったので、
後日また受け取りにいくことに。。

さようなら、パリ…
さようなら、ヴェルサイユ宮殿…


保険屋さんが後で発行費用と交通費負担してくれるのでよかったです。
海外保険大事ですね!
でも問題なのはビザのほう。
イギリスはビザがないとかなり厳しい。
調べてみると出国は問題ないけど再入国は難しく、
最悪強制退去になる可能性もあるらしい…
不法滞在&就労を防ぐためだそうですが。

パリはもうあきらめたんだけど、
1月後半にイタリアにも行く予定してたので、
そっちの方は行けるのかどうか心配になりました。

(1月15日)

体調を悪くしてしまいパスポートを取りに行くのが10日後になってしまいました。

午前中に大使館で無事パスポートゲット!
これで身分証明できる~
日本にも帰れるしお店でお酒も買えるぞ~っ

私のパスポートの発行場所がロンドンの日本大使館になりました。
これは滅多に無いだろうなぁ。

あとでニュースで知ったんですが、
この日日本大使館前で反捕鯨デモが行われてたそうです。
早めに取りに行っておいてよかったかも…

あとはビザの問題が解決してなかったので、
ついでにホームオフィスにも行ってみました。
ロンドンから電車で2,30分かかりました。
行ってみたらすごい立派なビル。
予約も入れてない状態なので門前払いにされたらやだなぁ。

でも窓口のおじさんはちゃんと話を聞いてくれて、
空港のイミグレーションオフィスに確認してみてはとアドバイスされた。

その後問い合わせたら、
今の状況だと帰国のときに危ないと言われました…
じゃあ、やっぱり強制退去?
イタリアに帰されても困るっ

旦那がホームオフィスに何度かメールしてくれて、
イギリス国内で働いてないという証明と、
帰りの飛行機のチケットなど各種書類を取り揃えれば
入国審査は大丈夫との返事がもらえました♪

一応このメールもプリントアウトして…
果たしてこれで無事イギリスに戻れるでしょうか?

…ってもう先月イタリアに行って無事帰ってきたんだよね。
よかった~

ロンドン観光 その4

(1月23日)

ロンドン5回目!
これが最終回の予定です…

前回行ったときから地下鉄を利用してました。
最初は地下鉄怖いなぁと思ったんだけど、
余裕が出てきたので写真撮ってきました。

IMG_2393.jpg
地下鉄のホームに向かうエスカレーター
日本のより速いように感じます。


IMG_2292000.jpg
車内は小さくて狭い

IMG_2295.jpg
カーブのあるホームでは気をつけないと隙間が…

IMG_2288.jpg
かまぼこみたいな形の地下鉄。
背の高い人がドア付近に立ってたら頭挟まれそう。

IMG_2289.jpg
地下鉄の駅構内は迷路のよう。

IMG_2332.jpg
セント・ポール大聖堂に行きました。
広場にあった銅像がかわいかったです。

IMG_2344.jpg
正面から撮りました。
大きくて写真におさめるのが大変。
うしろのドームが良く見えない…

1666年のロンドン大火災後に、
大建築家クリストファー・レンにより再建されました。
中は写真撮影不可なので、
自分の目にしかと焼き付けてきました。

ドームの上まで階段で上ることができます。
らせん状の階段を上っていくとウィスパリング・ギャラリーに到着。
ここは反対側のささやきがすっかり聞こえてしまう回廊。
旦那は専門的なことを1人で言って感動してました。
でも本当にお互い離れた位置からでも声が聞けるから不思議。

ここはまだドームの途中。
この先はさらに細い螺旋階段が続きます。
のぼりはきついし目もまわってきた…

IMG_2357.jpg
ドーム頂上からの眺め。
ロンドンの街が一望できました!
目の前のテムズ川は橋がたくさん架かっていて、
橋の高さにあわせた船も行きかってるから隅田川みたい。

その後また地下鉄で移動。


IMG_2400.jpg
中には入らなかったロンドン塔。
塔というよりお城みたいでした。

IMG_2423.jpg
うーん、時間があれば入ってみたかった!

IMG_2430.jpg
テムズ川対岸にはHMSベルファスト号が見えました。

IMG_2441.jpg
タワーブリッジ!
これを見るとロンドンに来たんだなぁと思います。

IMG_2454.jpg
実物は思っていたよりも白くて綺麗でした。

IMG_2479.jpg
橋の途中まで歩いてみた。
塔の中にも入れるようだったけど、
外側を見るだけでも満足です。

IMG_2509.jpg
帰りは気になったペルシャ料理を食べた。
中東やトルコ料理はまりそうです…

ロンドン観光 その3

(1月4日)

とある用事を済ませ、
本日は大英博物館に行きました。

徒歩だと結構遠い…
もう毎回ヴァッキンガム宮殿の周り歩いて行くのはいやだな。。

IMG_2131.jpg
大英博物館は世界最大というだけあって、
建物の大きさが写真では表しきれないくらいでした!
全部見てまわったらどれくらいかかるんだろう…

IMG_2139.jpg
建物に入ってすぐの屋根はガラス張り。
天気で明るさが変わりそうです。

中は広くてどこからまわればよいか迷います。

IMG_2145.jpg
モアイさん。
入館料は無料で写真もOKです。
イギリスの博物館はすごいなぁ。

IMG_2157.jpg
旦那がミイラミイラ言うのでエジプトのコーナーにまず行ってみた。
本物のミイラが多数展示されていました。
この写真のほかにも棺や、包帯を解いた状態のものもありました。
ミイラの作り方も丁寧な解説がありました。

IMG_2163.jpg
ネコなどの動物のミイラもあります。

IMG_2172.jpg
次は日本のコーナーに行ってみました。
そういえばブリストルの博物館の日本のものの展示は、
ポケモンとかドラゴンボールとかアニメ、漫画しかなかったなぁ…


まさか…ね?

さて、古代から見ていくぞ!





IMG_2173.jpg
!!!

ここは日本の古代コーナー…


IMG_2175.jpg
他には美術品なども展示されてました。

エジプトと日本、2つのコーナーを見るだけでもかなり見ごたえがありました。
そしてなんだか疲れてしまい大英博物館終了…

あ、ロゼッタストーン見なかった。。。



(1月15日)

またまたロンドンにやってきました~

でも今回はまったくどこも観光せず…


IMG_2212.jpg
途中で立ち寄ったリバプール駅

IMG_2208.jpg
中が立派!

IMG_2199.jpg
時刻表もかっこいい。
でも文字小さくて読みにくそうです。


年末年始 その3

(1月1日)

セブンシスターズを渡り歩いた先には駐車場やレストランなどがありました。
お腹が空いたのでパブでお昼~

IMG_2042.jpg
サーモンおいしい!

IMG_2044.jpg
スープ絶品

IMG_2047.jpg
ご飯を食べた後は下に降りてみました。

IMG_2070.jpg
海岸にも石灰石が

IMG_2073.jpg
こんなふうに崩れていくんだ…

IMG_2083.jpg
時間があればもっとゆっくり過ごしたかった

IMG_2116.jpg
イーストボーンの駅に着きました。
電車がまだ来てなかったので、
ショッピングモールでお菓子などを買って戻ったら、
目の前で私達の乗る電車が出発してしまった!!
余裕だと思ったら時計見間違えてた…

予約して買った電車のチケットは安かったけどその分変更がきかない。
乗り遅れたら買いなおすしかないです…
イーストボーン駅では駅員さんが改札通してくれたので、
次の電車に乗ることができました。

今回はロンドンで電車乗り換えてブリストルまで帰るので、
その乗り換えが果たして間に合うかどうか…
最初は同じ駅構内を迷わず行けば大丈夫だと思ったけど、
よく見てみたら、

イーストボーン→ロンドン(ビクトリア駅)

ロンドン(パディントン駅)→ブリストル

駅が違う~!!

ロンドンでは複数の鉄道会社がそれぞれ駅をもってるので、
駅と駅の間は地下鉄などを利用して移動しなければならない。
…というのをこのとき初めて知った。

乗り換えの時間20分しか余裕無いよ。
最悪電車かバスのチケットを買いなおして帰ることになるかも…
地下鉄は乗ったことないから戸惑いそうだし、
タクシーもこの大都会の中うまく走れるかどうか…

ビクトリア駅に着いたのが電車出発15分前。
(到着が予定より5分遅れてしまった…)
ダッシュで外に出てタクシーを捕まえることにした。
タクシーのおじさんに、
「15分でパディントン駅にいけるか?」と聞いたら、
「乗れ!」というので乗り込みました。

いきなりぎゅいーんと走り出すタクシー。
街の中ぎゅんぎゅん進みます。
途中ロンドンバスが邪魔だった。
カーブを曲がるときのGがすごかったです。
周りから見たら暴走タクシーに見えたかも…
途中おばあちゃん轢きそうになってたし。

駅に着いたのが出発2、3分前!
奇跡だ~っ
運転手さんに最後「走って!走って!」と言われ超猛ダッシュしました。
私はこのときほどはやく走ったことはないだろうというくらいの走りでした。
いつも遅いのに旦那と並走して走ってたもん。
はたから見たら必死の形相で走ってる日本人カップルだと思われたかな…

その結果、
間に合いました…
ふらふらです。

正直間に合うと思いませんでした。
でも散々な元旦にならなくてよかったよかった。
タクシーのおじさんありがとう!

年末年始 その2

(1月1日)

イーストボーンからセブンシスターズへ。

今日は楽しみにしていたセブンシスターズに行きます。
7つの頂がある白亜の断崖。
ガイドブックでひと目見て行きたい!と思った。

のんびりしてたらバスの時間ギリギリ。
海辺をゆっくり歩きたかったのにダッシュでバス亭へ。

時間ちょうどに着いたのにバスはいなかった…
乗り遅れた!?

少し離れたところにバスがいて、
運転手さんは水などをのんでくつろいでる様子。
きっと次の時間のバスなんだろうな…

…と思ったらしばらくするとこちらに近づいてきた。
私達が乗りたかった時間のバスらしい。
なんてマイペースなんだ。

IMG_1841.jpg
のどかな景色の中でバスを降ります。
ここからしばらく歩いた後に白亜の断崖があります。

IMG_1858.jpg
今日は風が強いなぁ(うそです)

IMG_1861.jpg
でかい!
エンジンが4つついてる!

IMG_1885.jpg
30分以上歩いてやっと海が見えました。

IMG_1898.jpg
とりあえずセブンシスターズの上側を歩きました。

IMG_1901.jpg
端っこに立つとかなり怖いです…
これは東尋坊も万座毛も波照間島も越える怖さだ。

毎年30~40cm後退してるそうなので、
いつスライドして落ちても不思議じゃないですね。

IMG_1924.jpg
でも景色はすばらしい!
来て良かった!

IMG_1925.jpg

IMG_1932.jpg
なだらかに見えるけどのぼりくだり結構大変…

IMG_1948.jpg

IMG_1937.jpg
羊ちゃんがいた

IMG_2016.jpg
牛さんもいます
下はフンだらけ。

セブンシスターズ全部歩いたら疲れました…

年末年始 その1

(12月31日)

夕方のバスでロンドンからイーストボーンへ。
2時間以上バスに揺られてようやく到着しました。
イギリスに来て初めての海岸沿いの町。

IMG_1709.jpg
The Langham Hotel
今日はここに泊まります。

シーズンオフのため、とても安く泊まることができました。
なぜか宿泊客はおじいちゃん、おばあちゃんばかり。
地元の人たちなのかな?

IMG_1714.jpg
素敵な部屋だ~

ホテルの人からおすすめのタイ料理のお店を教えてもらったけど、
今日は予約でいっぱいだと断られた。
近くにあったネパール料理の店に入ることにする。

IMG_1723.jpg
KATHMANDU VALLEY

ネパール料理ってどんなだろうと思ったら、
わりとインド料理に似てるそうです。

IMG_1720.jpg
これがまたおいしかった!
これはレベル高い…!
赤ワインも頼んで1本全部飲んじゃった。
店員さんもとても感じ良かったです。

すっかり良い気分になってホテルに戻る。
大晦日なので今年を振り返ろうと思ったのに、
4月あたりで旦那がダウンしてしまった。
まだ22時前なのに…

カウントダウンは??

そして私もその後を追うように寝てしまいました…

しばらくして大きな音で目が覚めました。
窓の外いっぱいに花火が上がってた!!
目の前に海岸があってそこから花火を上げてました。
こんな間近で大きな花火が見られるとは感激!
旦那に「花火が上がってるよ!」と言ったんだけど、
本人は夢の中から起きる気配がなかったのであきらめた。

このとき写真撮っておけばよかったんだけど、
眠気に負けて花火を眺めながら寝てしまいました。




(1月1日)


IMG_1760.jpg
初日の出~

雲が…


IMG_1762.jpg
旦那は昨日の花火に気がつかないで寝てたので、
「何で起こしてくれないの~?」と嘆いてた。
一応声はかけたけど起きなかったんだよ~っ

IMG_1775.jpg
朝食もなかなか素敵でした。
パンがすごくおいしかった。

私はイングリッシュブレックファースト。

IMG_1773.jpg
旦那が魚料理を頼んだら魚だけ皿にのっかってきた!
シンプルですな。

IMG_1781.jpg
良いホテルに泊まれてよかったなぁ。
(昨日すぐ寝ちゃったけど…)

ロンドン観光 その2

(12月31日)

ロンドン2回目。

年末年始はロンドンから南下したところにあるイーストボーンで過ごします。
元旦にセブシスターズに行くのが目的です。
今日は夕方までロンドンの街めぐり。

前回あまりにも寒かったのでさらにフリースを着こんで行った。
なんだか雪だるまみたいにまるっこくなってしまった。

IMG_1537.jpg
ウェストミンスター大聖堂

IMG_1554.jpg
ネオ・ビザンツ様式で1893年完成。
イギリスでこの様式の建物はとても珍しいそうです。

IMG_1561.jpg
ウェストミンスター寺院よりもこちらの方が気に入りました。
エレベーターでタワーの上にも行けるんだけど、
今日はお休みでやってなかった。

IMG_1593.jpg
ヴァッキンガム宮殿前。
人が沢山集まっていた。
でも今日は衛兵交代式はお休み…
そうとは知らずにみんな待ってたみたい。

IMG_1656.jpg
トラファルガー広場

IMG_1677.jpg
お土産屋さんの前にて

IMG_1688.jpg
ロンドンバス

お昼は日本食レストランに行ってみました。

IMG_1694.jpg
きつねうどん!

IMG_1695.jpg
かつ丼!

ここは日本人が作ってるから味もちゃんと日本の味です。
ちょっと高めなのは仕方ないけど、
久々に日本食が食べられました♪

ロンドン観光 その1

12月から1月にかけて5回もロンドンに行きました。
本当は全2回の予定だったんですが…

(12月28日)

朝まだ真っ暗なうちに家を出て高速バスで出発。
高速バスは安いけど2時間半から3時間かかります。
バスはとっても寒かった。

IMG_1305.jpg
ロンドンは本当に大きな街でさすが首都。
空を見上げれば飛行機が飛び交ってるのもすごい!

IMG_1296.jpg
ウェストミンスター寺院です。
白い!大きい!
ここは英国王室の教会で歴代の王の戴冠式や葬儀が行われ、
あの故ダイアナ妃の葬儀もここで行われたそう。
また、歴史に残る有名人のお墓や記念碑もあります。
もうお墓は満杯で埋葬のスペースはないらしい。

IMG_1320.jpg
隣には聖マーガレット教会がありました。
北海道で結婚式した教会も同じ名前♪

IMG_1342.jpg
ヴァッキンガム宮殿衛兵交換式の出発地点。
今は冬なのでグレーのコートで赤い服姿が見られないのが残念。

IMG_1368.jpg
宮殿近くはものすごい人ごみ!
カメラを持って衛兵を必死に追いかけて撮る旦那。
私は旦那にはぐれないように必死についていく。
まって~~っ

IMG_1389.jpg
宮殿前の公園には水鳥やリスなどがいて、
ついつい足をとめて写真を撮ってしまう。

IMG_1445.jpg
ピカデリー・サーカスでお昼~



ここでちょっと…アクシデントがあり、
お昼から一気に夕方に(というかもはや夜…)


IMG_1500.jpg
ビッグ・ベン。
国会議事堂で正式名称はウェストミンスター宮殿だそうです。

IMG_1510.jpg
ロンドン・アイ。
ロンドン・アイって実物見るまで展望タワーみたいなのと思ってた。

帰りのバスの車内は暑かった…
温度設定適当だなぁ

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

なんこ

Author:なんこ
誕生日:8月29日
住まい:神奈川県
出身地:宮城県

旅とお昼寝が好きです。
お城と飛行機も好きです。


◎日頃のつぶやき
ツイッター

◎旅行記サイト
(のんびり更新中)
たびじのあしあと

◎旧ブログ
なんこ日記

Twitter

nankonyan < > Reload

ブログ村

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも一覧

メールフォーム